肌トラブルを起こさずにムダ毛処理を行うための守るべきポイント

肌トラブルを起こさずにムダ毛処理を行うための守るべきポイント

脱毛を行う部位、使う器具や方法に関わらず肌トラブルを起こさずにムダ毛処理を行うにはいくつか守るべきポイントがあります。

 

まず基本的に肌が敏感な時期に脱毛を行ってはいけません。例えばホルモンのバランスが乱れがちになる生理周期は前後数日を合わせてムダ毛処理はセルフでも専門のお店でも控えたほうがいいです。
また脱毛の最中や直後は肌は目に見えない細かい傷がついている状態のため、日焼けさせないようにしましょう。炎症などのトラブルの原因になります。露出しない服装にするか、日焼け止めを使ってケアしてあげましょう。

 

入浴時も脱毛した部位をボディタオルで擦るのは控え、手で石鹸などを泡立てて撫でるようにして洗ってあげるのがいいです。

 

アフターケアも含め、専門のサロンやクリニックで施術を受ければ大きなトラブルにはならない可能性が高いですが自宅でもローションによる保湿といった基本的な手入れは欠かすことのないようにしましょう。

 

最近は自宅でもテープやワックス、電気脱毛器を使った脱毛を行う方が増えています。

 

サロンに通う時間がなかったり金銭的負担が軽くて済むからなど理由は人それぞれですが、自己処理による脱毛はトラブルが起きやすくより注意が必要です。

 

例えばデリケートゾーンの脱毛は同性のエステティシャンの方であってもやはり恥かしく、かといって剃刀を使うのは怖い、といった方が自己流の処理をして毛穴の炎症や肌のかぶれなどに見舞われることも多いのです。

 

VIOゾーンともいうデリケートゾーンは毛抜きによる脱毛はあまりおススメできません。時間もかかり炎症や埋没毛にもなりやすいのです。

 

評判もよく有名なのがブラジリアンワックスです。デリケートゾーンにワックスを塗り、指定の時間だけ放置したらべりりと剥がす、これだけで脱毛が完了します。通販で入手もしやすく、材料もハチミツやお砂糖といったものが主成分となっており肌荒れもしません。剥がす際にかなり痛みがあるのですが我慢できる範囲です。

 

ワックスの残りを拭ったらクリームで保湿してあげれば気になっていたムダ毛の処理は完了です。