レーザー脱毛は永久脱毛、光脱毛は不再生脱毛としか言えない

レーザー脱毛は永久脱毛、光脱毛は不再生脱毛としか言えない

レーザー脱毛よりも気軽に受けやすい、料金が安いと主流になってきている脱毛が、サロンの光脱毛です。サロンによってはIPL脱毛ともいっています。

 

毛には毛周期があり、成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返しています。成長期は毛が伸びてくる時期、退行期は毛が抜ける時期、休止期は毛が休んでいる時期です。光脱毛で処理できるのは成長期の毛です。全身の3分の1ほどが成長期の毛です。退行期や休止期の毛が伸びてきた段階で再度施術を受けます。毛が伸びるまでには2〜3か月かかるので、2〜3か月に1回通うのが一般的です。

 

光脱毛はメラニンに反応する波長の光を使用しています。光を照射すると毛のメラニンに反応し、毛が熱エネルギーを吸収します。熱のダメージで自然と毛が抜け落ちるようになります。光の波長の範囲が広いので、色が濃いワキやデリケートゾーンの毛や背中や顔など色が薄いけなど、全身のさまざまな部位に対応できます。

 

熱が発生するので脱毛時に痛みが伴います。個人差がありますが、一瞬ゴムではじかれたような痛みです。

 

施術後1〜2週間程度で自然と抜け落ちます。自然に抜けるので無理に引っ張らないようにしましょう。ツルツルの状態は1〜2か月ほど持続します。

 

何度か施術を受けることで次第に毛の生え方がまばらになり、むだげが生えにくくなってきます。カミソリや毛抜きではすぐに毛が生えてくるので、頻繁にお手入れをしなければなりませんが、光脱毛ならツルツルの状態が長く続くので面倒なお手入れから解放されます。

 

しかし、永久脱毛ではないのでいずれムダ毛が気になるようになります。レーザー脱毛の場合は永久脱毛ですが、光脱毛は不再生脱毛としかいえません。

 

光脱毛には美肌効果もあります。もともとフォトフェイシャルに使われていて、フォトフェイシャルで毛が薄くなったという報告があり脱毛にも使用されるようになりました。肌のコラーゲンに働きかけてハリを高めたり、毛穴を引き締めることが期待できます。

 

川越で人気の脱毛病院・エステランキング!